〒420-0866 静岡市葵区西草深町24-22 

Copyright(c)  Michinari Yasuike Allrights Reserved

  • Facebook Social Icon
①アガティス西草深:林光産業株式会社 電話 054-271-7878
①クラーク西草深 :エイブルネットワーク静岡店 電話 054-275-1511
≪マンション管理会社お問合せ先≫

稚児舞楽の行列がアガティス前を通過。

2018/04/06

アガティス西草深の前をお踟が通過。

2018/04/06

アガティス西草深と桜。

2018/03/29

1/9
Please reload

 

マンションオーナーご挨拶

 静岡市葵区西草深町に2棟のレンガ調のマンションを建てました。

   私は京都にある同志社大学出身で,大学時代に明治時代に建てられたレンガ造りの校舎が沢山あるキャンパスで4年間を過ごしました。

 明治時代に建てられて既に100年以上が経過した重要文化財の同志社大学の校舎群は長い歴史の中で人々に愛され続けてきました。

​ 私たちが住む住居も長い時間が経っても飽きられないデザインであるべきと考え、レンガの中に白い石を積み上げた明治時代の洋館建築の中に見られるデザインを研究して今回のマンション建築のデザインの中にそのエッセンスを入れ込みました。

​ この「アガティス西草深」、「クラーク西草深」が地域の景観に溶け込んで長い時間の中で地域やそこに住む人々に愛されるマンションであることを願っています。

安 池 倫 成

 
≪経営理念:報 恩 感 謝 
世の中から受けた御恩に報いられるように感謝の気持ちで行動します。
 ご先祖様の時代から、地域の人達に支えられて活かされてきたお陰で、このようなお仕事をさせていただいています。
 多くの人達から御恩を受けて、その人の暖かいお気持ちに自分が応えていかなければなりません。
 感謝の気持ちを大切にしなければならないと思っています。
≪管理会社お問合せ先≫ 
①アガティス西草深:林光産業株式会社
電話 054-271-7878
①クラーク西草深:エイブルネットワーク静岡店
電話 054-275-1511
 
 
≪新着ブログ≫ 
マンションの周辺環境が分かる様にブログを書いています。
このマンションに住むと周辺でこんな事が行われているといった感じでお読みください。

稚児舞楽の行列がアガティス前を通過。

2018/04/06

アガティス西草深の前をお踟が通過。

2018/04/06

アガティス西草深と桜。

2018/03/29

少彦名神社の遷座祭奉祝祭が行われました。

2018/03/23

平成30年度の静岡浅間神社の「廿日会祭」...

2018/03/22

静岡浅間神社大拝殿の掛け軸

2018/03/22

静岡市葵区大岩の松源寺の桃が奇麗でした。

2018/03/18

静岡市はお魚が美味しいところです。

2018/03/04

静岡マラソンで後輩が走るのを応援しました...

2018/03/04

静岡マラソン2018が3月4日に行われま...

2018/03/02

HPを立ち上げました。

2018/02/17

静岡浅間神社節分祭が行われました。

2018/02/03

清水港まで行った際に富士山が奇麗でした。

2018/01/26

初日の出を見に行きました。

2018/01/01

静岡市には「静岡おでん」があります。

2017/12/26

静岡市葵区呉服町「キルフェボン」のケーキ...

2017/12/24

静岡駅には東海軒の幕ノ内弁当が売っていま...

2017/12/16

新幹線の中からの富士山です。静岡県民の誇...

2017/11/23

今川さんの動画を作ってみました。

2015/10/15

我が家(安池家)のお稲荷さんの中に家守が...

2014/12/30

アガティス西草深のPRビデオを作りました...

2014/10/09

久能山東照宮に参拝しました。

2014/01/01

今はなき、浅間神社のロープウェイ

2013/10/18

浅間通り商店街 長政祭りに行ってきました...

2013/10/12

駿府城公園で復元が進められていた坤櫓が外...

2013/10/10

1/1
Please reload

​ アガティス西草深は、旧御器屋町にあります。御器屋町は今川時代から400年以上続き、昭和44年に西草深町に統合されましたので、住所は西草深町となりますが、町内会は、西草深町御器屋区町内会という町内会が存在し、小さな町内会ですが、まとまった町内です。

 御器屋町のルーツを探ってみますと、徳川時代を築いた大御所、徳川家康の居城であった駿府城の造営、さらに、寛永年間に徳川家光が浅間神社を造営するに際し、各地から名工たちを集めたのが始まりと言われています。 

 優秀な技を持つ大工や漆工たちが工事終了後も静岡に永住し、土地の人となったことが静岡の木工産業の発展へと繋がりました。もっとも、今川時代の頃、市中御器屋町に中川大工と呼ばれる集団がおり、『浅木御定器を造進した』という記録もあるため、木工指物の技術者が以前からいたことがわかります。

 町内には観音堂という集会所があります。その観音堂には「子安観音」が奉納され、町内を守ってくれているという感じがします。

​ ≪以下 西草深町についての記事を書く予定です。≫

​ 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now